外部リフォーム~家を守る外回りメンテナンス~【四季スマ60号】

外回りのメンテナンスは構造にとって重要なお手入れ!

普段は基本的にお手入れをしない外壁や板金。しかし、雨や紫外線で徐々に劣化はしていきます。適切なタイミングでメンテナンスをしないと、見えない部分の構造を傷めてしまうことも。

今回は外回りのメンテナンスについてまとめました。ご自宅でもチェックをして、気になることなどありましたら、ご相談ください。

外部リフォームの主な施工箇所

  • 外壁(塗装・コーキング)
  • 屋根(板金塗装/和瓦漆喰補修)
  • 破風(板金塗装/木部塗装)
  • ウッドデッキ(塗装)
  • 軒天/樋(塗装)

特に重要なのが外壁です。外壁材やコーキングの深いひび割れを放置すると雨漏りの原因につながり、構造を傷める危険性が高まります。

その他の箇所は、すぐに大きな影響がない場合が多いですが、高所作業で足場が必要になるため、外壁の塗り替えの際に同時にメンテナンスすることをおすすめしています。見た目的にも同時にしていただくときれいです。

外壁の塗り替えのタイミングは?

外壁の塗り替えのタイミングは築15~20年をおすすめしています。状態は日当たりなど周辺環境によって異なりますので、以下のチェックポイントを参考に検討ください。

(使用した外壁材によっても異なります。詳しくはお問い合せください。)

【Point①チョーキング現象】

外壁を手で撫でてみて、黒板を触った時のように白い粉がついた場合は、要注意。塗装の劣化が始まっています。

【Point②ひび割れ】

コーキング(外壁の継ぎ目)のひび割れや外壁自体に深いひび割れを見つけた場合は、早めの対応が◎。

【Point①チョーキング現象】

外壁を手で撫でてみて、黒板を触った時のように白い粉がついた場合は、要注意。塗装の劣化が始まっています。

【Point②ひび割れ】

コーキング(外壁の継ぎ目)のひび割れや外壁自体に深いひび割れを見つけた場合は、早めの対応が◎。

【浴室の窓周りの外壁も注意】

浴室の掃除の際に、シャワーでサッシのレールを掃除していませんか?

その水気が外壁を傷める原因になります。外から見て、サッシの下が変色していたら傷んでいる証拠です。レールの掃除は、雑巾で拭き取るなどしていただき、水で流すことは控えてください。

外部リフォームの主な費用

下の図の費用が、約35坪総2階建てで施工した場合の各工事の目安です。

総額はお住まいの使用によって変わります。(瓦屋根の場合、板金屋根塗装は不要など。)参考としてご覧ください。

バルコニーがあるお住まいは、FRP防水の塗り替えもしましょう。(14㎡で25万~)。防水が切れてしまうと雨漏りの原因になります。

※金額は全て税抜き価格です。

※別途、仮設トイレ、ごみ処分費がかかります。

ウッドデッキの塗装は、セルフメンテナンスも可能です。

やり方については、こちらに掲載しています。

≪速報≫

今年度好評だった「こどもエコ住まい支援事業」などの来年度の予算が決まりました。開始時期などの発表はありませんが、来年度もリフォームに関する助成があります。

興味のある方は、お問い合わせください!(2023/12/25時点)

間取り変更を伴う大規模&自然素材

リフォームが好評です。
ご紹介もお待ちしています。
☎027-328-6544 (火・水曜定休)

※2023.12.20発行の内容です

四季スマ通信60号 記事一覧
群馬 注文住宅