冬から春への芝のお手入れ【四季スマ48号】

1月から4月までの芝のお手入れ方法

きれいだった芝も凹凸や薄い部分ができたり、雑草が生えやすくなったりしていませんか?生育盛んな春になる前に、目土入れや除草などのケアをして、春以降に管理のしやすい芝にしておきましょう。張替をする場合は、5月以降に行いましょう。

参照:LOVEGREEN/バロネスダイレクトHP

●【1月】休眠期

水やりや肥料、目土入れなど何も必要はありません。雑草が生えると目立つ時期なので見つけたら取り除きましょう。

●【2月】休眠期

新芽が出る前に冬に枯れたサッチを取り除いておきましょう。雑草も見つけたら、早目に除去を。

●【3月】生育期

目土入れやエアレーションをするなら3月から。4月には、冬の雑草が開花するので種が飛ぶ前に取り除きましょう。

●【4月】生育期

新芽が伸び始め、下旬には全体的に緑がかって来ます。芝の生育や病気が気になる場合は、肥料を与えましょう。

※2021.1.10発行の内容です

四季スマ通信48号 記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。