ベッドマットレスの見直し【四季スマ48号】

家で過ごすことが増えた2020年。おうち時間を快適に過ごす工夫をされた方もいらっしゃることと思います。このコーナーからは、ベッドマットレスの見直しをご提案します。今の体形や好みに合うマットレスで睡眠の質をUPするのはいかがですか。

マットレス買い替えの目安

種類によって耐用年数が異なるので以下のポイントで検討してみましょう!

①型崩れ
真ん中がくぼんだり、マットレスの縁がつぶれたりしていないか。縫い目がほつれたりしていないか。
②体への違和感
朝目覚めた時に、腰に違和感や足にしびれがあったりしないか。
③異音
マットレスのコイルから、軋み音がしないか。

マットレスの選び方

・理想は就寝時に手を伸ばしても、マットレスの際から腕が落ちないサイズ
・腰が悪い人は、寝た時にまっすぐ立っているような姿勢になれる硬さが◎
※ワンサイズ上を選んでも差額は僅か。迷ったらサイズアップがおすすめです!

お店選びも大切!
体格や硬さの好みも家族で違うので、それぞれの好みに合わせて選べる品ぞろえがあるかも大切です。寝心地をいろいろと比べてじっくり選びたい場合は、実際に少しの間横になって試せるようなお店をおすすめします。

ベッド界の三大メーカー

Simmonsシモンズ(米国)

ポケットコイルを開発した会社。しっかりした硬めの寝心地と、隣りの人の寝返りが気になりにくい体圧分散が特徴。

Sertaサータ(米国)

ケットコイルを使用。日本人好みに考えられたしっかりした寝心地が特徴。※国内品は国産

sealyシーリー(米国)

ポスチャーテックコイルを使用。やわらかめですが、軽い体は優しく支え、重い体は反発力が出る特殊なスプリングが特徴。

※2021.1.10発行の内容です

四季スマ通信48号 記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。