新人が平屋の広告を作ってみた

みなさん、お久しぶりです。企画室の宮内です。

今回、作字というものに挑戦してみました。

「作字」とは、文字を内容に合わせてデザインすることです。

細かな意味は異なりますが、タイポグラフィーとも言います。

今回は「平屋の家」という文字を作字してみました。

お家らしい形になるよう意識しています。

「平」…真ん中を四角にして窓のように

「の」…写真の屋根のラインに沿うように下に移動

「屋」「家」…三角屋根を意識した形に

といった感じです。

作ってみて気が付いたのですが、想像以上に発想力が必要ですね。

なかなか既存のフォントから離れたデザインにすることができませんでした。

平屋

さて、作字の題材とした平屋の家ですが、近年人気が高まっている印象です。

平屋が人気な理由としては、

  • 階段がなく移動が楽なため、高齢になっても安心
  • 家族の気配を感じられる
  • 勾配天井や高い天井で開放的
  • 地震に強い

などがあげられます。

特に、階段の上り下りがないので、年齢を重ねても快適に過ごせる点は、大きなメリットだと思います。月日が経つごとに味わいが増していく自然素材との相性も良いのではないでしょうか。

四季の住まいでも、自然素材を使った平屋の家を施工しております。

施工事例では、平屋の家の事例も掲載しているので、ぜひそちらも見てみて下さい。

おわりに

初めて作字に挑戦してみましたが、とても難しかったです。

難易度が高い反面、上達すれば広告デザインの幅も広がりそうです。

バランスよく、印象に残るようなものを作れるよう精進していきます。

以上、宮内でした。

群馬 注文住宅
デザイン住宅 群馬

新人が平屋の広告を作ってみた”へ2件のコメント

  1. 武藤 弘 より:

    作字の意味(定義)を初めて知りました。

    創造力や感性を必要としますね。

    Web広告をどんどん発信してください。

    1. 彩加宮内 より:

      コメントありがとうございます。
      感性を磨いて、より良いWeb広告の作成を頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。