緑と暮らす~春に育てるなら~【四季スマ61号】

参照:LOVEGREEN/みんなの趣味の園芸

投票一位は「桃色の花」でした

前回の四季スマ通信で「春に育てるならどんな花がいいですか?」を投票をいただき、1位:桃色の花、2位:開花時期が長い花、3位:青色の花という結果になりました。投票いただきました皆様ありがとうございました。

そこで、今回は1位になった「桃色の花」をご紹介いたします。お庭造りの参考にしてみてください。

アネモネ

<開花期>

2月~5月

<草丈>

15~50cm

涼しくなる秋に芽を出し、春に咲き、夏前に地上部を枯らし塊根をつくって休眠します。球根で育つ多年草なので、管理をすれば数年花を楽しめます。

タチアオイ

<開花期>

6月~8月

<草丈>

1~2m

初夏から夏にかけて2m近く伸びる花茎に穂状の花が開花します。ピンクだけでなく、赤・白・黄色など様々な色の花があります。

皇帝ダリア

<開花期>

11月下旬~12月上旬

<草丈>

1~6m

茎が木質化する品種で、草丈が高く育ちます。良く成長すると5~6mにもなります。日が短くならないと花芽ができないため11月下旬から咲きます。

※2024.4.10発行の内容です

四季スマ通信61号 記事一覧

群馬 注文住宅