季節に合わせた雑草対策カレンダー【四季スマ55号】

雑草の最盛期は過ぎましたが「雑草は1日にしてならず!」。これから春までの対策が夏に大きく影響します。雑草の少ない庭づくりのためにできることを雑草対策カレンダーにまとめました。

※除草剤を利用した雑草対策です。

参照:DCM株式会社/illustAC

「雑草対策カレンダー」

年間を通した対策をカレンダーにしました。時期を見ながら、対策を進めてみてください。

雑草を全く生えなくすることは難しいですが、早め早めの対策で数を減らし除草作業が楽な庭にしていきましょう。

※枯らしたくない植物の近くに除草剤を撒く場合は、距離などに注意してください。

季節ごとの雑草対策

2~4月は

「夏に向けて雑草抑制」

雑草の発芽時期、発芽前~初期に適切な対策をすることで、夏の雑草の悩みが軽減します。これから生えてくる雑草を抑えるのが得意な「粒剤の除草剤」を撒きましょう。効果も4~6カ月と長いのでおすすめです。

【今やるならコレ】

長く効く粒剤の除草剤(長く効く液状でもOK)

5~8月は

「速効性重視の本格除草」

雑草の生育が盛んな季節で、どんどん伸びてきます。大きくさせない!花を付けさせない!ためにも、すぐに効果が出る除草作業が重要です。効き目の早い液状の除草剤の使用や、小まめな草むしりをしましょう。

【今やるならコレ】

速効性の高い液状タイプの除草剤、草刈り、草むしり

9~11月は

「来年のための徹底除草」

雑草が減り草むしりから少しづつ解放される秋、冬に入る前に、今ある雑草を根こそぎ枯らしておきましょう。来年の春、雑草が生えるタイミングを遅らせたり増え方を抑制したりできます。

【今やるならコレ】

根まで枯らして長く効く除草剤(液状・粒剤どちらでも)

12~1月は「雑草予防」

12月に入り寒くなってくると雑草の成長が止まり自然と枯れていきます。この時期に雑草予防対策を施すことで、来年1年間の雑草処理が楽になります。防草シートを敷くなら、雑草がないこの時期が一番楽です。

【今やるならコレ】

防草シート敷き

「ペットOKの除草剤や芝専用除草剤」の活用も

広範囲でも対策がしやすい除草剤を使用した対策をご紹介していますが、ペットやお子さまへの影響が心配な場合は、ペットOKの除草剤植物由来の除草剤を選んでみてください。また、芝の雑草へは芝に利用できる除草剤がありますのでそちらを活用してください。

※除草剤の利用時には、使用量や回数など説明をよく読んで使用しましょう。

※マスクや手袋の着用も指示に従ってください。

※2022.10.15発行の内容です

四季スマ通信55号 記事一覧

群馬 注文住宅
群馬 小屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。