四季スマ通信34号【社員対談】

「四季の住まいで働いてみて」

2016年~2017年の春にかけて四季の住まいで働く仲間が増えました。その中から中途入社した3人に、入社して感じたことを語って頂きました。

小野:高木さんと私は2月に入社しましたが、もう会社に慣れましたか?

高木:まだ3ヶ月しか経っていないのに、なぜだかもう随分長い間この会社にいるような気がします。

工藤:もうすっかり馴染んじゃってますもんね。ベテランの雰囲気が出てますよ!

高木:そうなんです。みなさんがあたたかく迎えてくれたので、すぐ馴染めましたね。

工藤:小野さんは全くの異業界・異業種からの転職ですよね。

小野:はい、前職のアパレル業界では自分なりに結果が出せたので、今度は事務職にチャレンジしようと思って、四季の住まいに入社しました。

高木:でも未経験の業界・業種だから大変でしょう?

小野:はい。でも社員みんながやさしく気にかけてくれるし、わからないことも聞きやすい雰囲気なので助かっています。人に恵まれているな、と感じました。

工藤:私は7月でまる1年になりますが、アットホームでとても居心地がいいですよね。でも入社当初は毎朝全員でラジオ体操をすることに戸惑いましたが…。

高木:そうそう、私も思いました!最初『えっ?』って思いましたが、慣れてくると気持ちいいですよね。そのおかげか背中や腰の痛みが楽になりましたよ。

工藤・小野:笑

小野:それから、誕生日にプレゼントを頂けることに驚きました。他社だとなかなかないことですよね。

工藤:しかも自分だけではなく、家族(配偶者)の誕生日にまで頂けるなんてすごいですよね。

高木:5月の妻の誕生日にケーキを頂いてお祝いをしたんです。そのおかげか、私の仕事に無関心だった家族が、今では理解して応援してくれてるんですよ。

小野:それ本当ですか?すごくいいお話じゃないですか!

工藤:応援してくれている家族のためにもがんばらなくちゃね!

高木:そうですね。5月にToiroの展示場もオープンしましたし、営業として益々がんばる所存です。

工藤:小野さん、私たちもがんばろうね!

小野:はい、がんばりましょう!

※2017.7.15発行の内容です

四季スマ通信34号 記事一覧

群馬 注文住宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。