リフォームで寒さ改善!

リフォームを検討される際に「寒さを改善したい」という要望をいただきます。

古い家ほど断熱基準が低いので寒さを感じやすかったり、温度差によるヒートショックの予防を考える方が多いようです。

とはいえ、どんな方法があるのか分からない方も多くいらっしゃいます。

そこで、今回は寒さ対策リフォームを3つご紹介します。

どんな対策がお住まいに合いそうか検討してみてください。

1.一番簡単な対策「内窓リフォーム」

サッシの内側にもう1つ窓を付けて2重窓にする「内窓リフォーム」

窓は、家の中でも一番熱の出入りが大きい箇所です。

内窓を付けることで熱の出入りを抑制し、窓からの冷えを軽減できます。

画像:YKKAP

工事も1ヶ所で最短60分。

住みながら・すぐ・簡単にできる寒さ対策リフォームです。

結露予防や遮音効果もあるので、寝室の窓キッチンの北側の窓に施工されることが多いです。

2.見た目そのまま&簡単!「窓交換リフォーム」

今あるサッシを外して、新しいサッシへ交換するリフォームです。

断熱性の高いサッシに交換することで、寒さを緩和できます。

できるだけ簡単に寒さ対策をしたいが2重窓だと不便かな…という場合は、「窓交換リフォーム」がおすすめです。

画像:YKKAP

内窓より工事にやや手間がかかりますが、住みながらできる工事です。

リビングの掃出し窓内窓が施工できない窓(内倒し窓)に施工することが多いです。

場所や窓によって、内窓と使い分ける方もいらっしゃいます。

3.壁や床の断熱をリニューアル「断熱改修リフォーム」

床や壁などを取り払い、断熱を一からし直すのが「断熱改修リフォーム」です。

大がかりな工事になるので、間取り変更を伴うリフォーム時に行います。

床や壁だけでなく天井や屋根にも施工して、家全体の断熱性能をUPすることもできます

施工箇所が多いほど部屋同士の温度差が少なくなります。

工期や施工コストはかかりますが、快適性や省エネ効果が高いリフォームです。

このように寒さ対策リフォームといっても方法はいろいろあります。

ご希望にあわせて検討してみてください。

今回は、寒さ対策リフォームについて簡単にご紹介しました。

次回以降は、それぞれの特徴や注意点をご紹介します。

こちらもご覧ください。

群馬 注文住宅
群馬 注文住宅