深い庇に趣き感じる平屋

深い庇がつくる魅力

日差しと深い庇がつくる

四季折々の陰影が

外観に様々な美しさを演出します

建物紹介

重なる屋根と庇が美しい平屋のお住まい。

ダイニングを設けないスタイルでスペースを有効活用しています。リビングと繋がる畳の間は、建具を閉めれば客間や寝室にもできる使い勝手の良い空間です。

オーナー様インタビュー

owner voice


「四季の住まいを選んでいただいた理由はなんですか?」

家を建てるなら「小さい頃から慣れ親しんだ木造がいいな」と主人が考えていたところ、主人の職場の上司の方が四季の住まいで家を建てたということ知って、モデルハウスを見学することになりました。初めて見学した時の第一印象は「木のいい香りがする」でしたね。

その後、夫婦で話し合って四季の住まいにお願いすることになりましたが、妻が営業担当の桐生さんの人柄が好きだったということと、実際に四季の住まいで家を建てた人が身近にいたというのも大きな決め手となりました。

「実際に住んで1年5か月、住み心地はいかがですか?」

とても住みやすく今のところ不満はありません。特に夏は涼しいです。エアコンを全く使用しないというわけではないですが、つけなくてもそれほど不快ではないですし、以前住んでいた社宅にいた頃ほど、強くしなくても快適に過ごせます。ジメジメ感が少ないのも快適に感じるポイントかもしれません。

あとは木の香りが良いですね。実家に半日行って、帰ってくると玄関で「あぁ木のいい香り」と感じます。子どもたちも実感しているようです。お客さんにも「木のいい香りがするね」と言っていただきます。また漆喰のお陰か、においの強い揚げ物やお好み焼きをしてもにおいがずっと残らないのも良いですね。

他には、玄関からすぐ手洗いにいける動線も今のコロナ禍ではとても便利です。

自然素材 注文住宅

「こだわったところはなんですか?」

一番のこだわりは間取りです。子どもと顔を合わせられるように、必ずリビングを通って他の部屋に行けるようにしました。あとは建具に入れた柄のクロスも自分たちでネットで調べるなど、こだわった部分です。

「気に入っているところはなんですか?」

気に入っている点はウォークインクローゼットを独立させたことです。乾いた洗濯物をまとめて1ケ所に運べたり、出し入れも楽で良かったです。

あとは軒をしっかりと出したことで、雨が強くても窓を開けて過ごすことができたり、外にも洗濯物を干せるので、本当に良かったなと思っています。

「家づくり中、印象に残っているエピソードはありますか?」

打合せ中は決めることが多くて大変でした。ですがコーディネーターの土屋さんが、こういうのはどうですか?と提案してくださったのが良かったです。また、打合せ中も完成宅見学会をご案内いただき、とても参考になりました。外壁の色は特にすごく悩みました。実際に外に出て、外壁と雨樋と屋根のそれぞれのサンプルを並べ、太陽の下ではどう見えるのかを見せていただきました。

工事中は社宅から近かったということもあり、週に1回ほど現場に見に行きました。キッチンやお風呂などの設備が入った際も連絡をいただけたので、その都度進み具合を見ることができました。

漆喰の壁に家族全員で手形を付けたのも思い出ですね。なかなかうまくいかず何回もやり直しましたが、漆喰だからこそできることですし、とても良い思い出になりました。

「四季の住まいで家造りをしての感想」

住み始めてから気温や湿度で不快な思いをせず、とても快適に過ごせています。床も子どもが傷を付けたりしますが、教えて頂いた”お湯+スチーム”の対処方法で傷も目立たなくなります。こういった点も無垢材ならではだなと思いますし、簡単に修復できるのでお子さんがいる方々にもおすすめできます。

引き渡し後も変わらずお話を聞いてくださったり、その後のフォローもしっかりとして頂けてとても良かったです。ありがとうございました。

フォトギャラリー

photo gallery



群馬 注文住宅
群馬 注文住宅