スキップフロアのある平屋

天井の高さを愉しむ

重厚感ある梁組みと

空間を活かしたスキップフロア

高い天井に豊かさを感じる家

建物紹介

軒のラインが美しく落ち着いた印象の平屋のお住まい。

リビングは天井が高く開放感抜群。重厚感ある梁組みや高さを活かしたスキップフロアなど、高い天井ならではの空間設計が魅力です。

オーナー様インタビュー

owner voice


自然素材 注文住宅

「四季の住まいを選んでいただいた理由はなんですか?」

他社で契約手前まで進んでいた時に、家づくりの参考になればと当時住んでいた家の近くの並榎展示場に散歩がてら行きました。色々なモデルハウスを見て回りましたが、初めて四季の住まいのモデルハウスを見学した際、扉を開けた瞬間に「なんてキレイな空気なんだろう」と思いました。

見学していると営業の佐藤さんが声を掛けてくださって、構造などを丁寧に教えてくれました。でも予算的に私たちには無理だろうと思っていたのですが、お話を聞くと予算内でも建てられそうということがわかり、打合せが進んでいきました。

四季の住まいに決めたのは、自然素材と構造が魅力的だと思ったからです。最終決断は佐藤さんの人柄です。他社では打合せ中に「私たちの家なんだけどな…」と思う瞬間が多々あったりしたのですが、佐藤さんは私たちの要望に寄り添ってくれました

「実際に住んでみてどうですか?」

細かいところまで無垢材ですし、漆喰やシラス壁の自然素材の塗り壁のおかげで帰ってきた時の空気感が違いますね。知人にも言われることが多いですが、自分自身でも実感しています。

外から帰って来ても夏は涼しく、冬は暖かいです。エアコンも使用しますが、帰宅後すぐに付けたくなるような不快感はありません。梅雨時期もジメジメ感がなく、湿度計を見て初めて湿度の高さに気づいたくらいです。家が呼吸しているように感じます。

あとは住み心地ではありませんが、配送業者さんや引っ越し業者さんに「素敵なお家ですね。どこで建てたんですか?」と聞かれたことが嬉しかったです。最初はお世辞かなと思っていましたが、本気でおっしゃてくれて、何軒ものお家を見ている方々がそう言ってくださったのはとても嬉しかったですね。

「こだわったところはなんですか?」

こだわったところは、平屋でありながらもスキップフロアで空間を広く見せ、かつ空間にメリハリを出しました。スキップフロアは、来客時の寝室や冬はコタツを出してお昼寝など、様々な使い道ができています。

あとは家づくりと同時に進めていた家具探しで、気に入った家具がナラ材ということもあり、家全体がまとまるように床もナラ材にしました。ナラ材は硬い木なので傷つきにくく安心です。

他には、脱衣室→ウォークスルークローゼット→物干室→外干しをコンパクトにまとめた洗濯動線趣味の道具などを収納できる土間収納もこだわりです。

「気に入っているところはなんですか?」

気に入っているところは、カウンタースペースです。リビングの一角にありながらも集中できるので、PC作業や書き物など、ダイニングテーブルとは違う使い方ができます。また、傷に強いナラ材を提案していただき、全体との統一感も出せたのが良かったです。

他には長く出した軒の出のおかげで夏は日差しが入ってこないのが良いですね。逆に冬は日が入らないのでは?と心配でしたが、実際に暮らしてみると冬はしっかりと日差しが入りポカポカと暖かいです。南側一面に施工したウッドデッキは、室内干しから外干しに切り替えるのも楽ですし、軒の出のおかげで急な雨でも安心です。

「家づくり中、印象に残っているエピソードはありますか?」

理想通りの外壁にするために実際の建物をたくさん見て回りました。打ち合わせの時には設計の根岸さん、コーディネーターの土屋さんが色々と調べてくださり、最後まで私たちの要望に寄り添ってくれました現場でも現場監督の宮澤さんや大工さんが要望を聞いてくださったおかげで図面上では描けなかった理想通りのスケルトン階段を実現することができました。

「四季の住まいで家造りをしての感想」

私たちには手が届かないかなと思っていたオール無垢材と自然素材の塗り壁の家に住むことができて、四季の住まいで建ててよかったなと実感しています。

引き渡したら関係が終わりではなく、入居後も相談するとすぐ対応してくださったりと、打合せ時と距離が変わらないので、とても安心して過ごすことができています

フォトギャラリー

photo gallery



群馬 注文住宅
群馬 注文住宅