住まいのお手入れマニュアル

壁のお手入れ

壁のお手入れ方法をご紹介します。


漆喰のお手入れ

普段のお手入れ

普段のお手入れは特にありません。液状の汚れに弱いなど特徴はありますので、以下の注意点をご確認ください。

注意点

  • 液状のものを飛ばしてしまうとシミになり、落とすのが困難になります。
  • 硬い物をぶつけたり、強く擦ると割れてしまうことがあります。
  • 築後約1~5年の間は、柱・梁・枠・カウンターとの接合部に隙間やひび割れができる場合があります。木の収縮によるもので、メンテナンスの際に補修をさせていただいています。

黒ずみや手垢の汚れが気になった時

「鉛筆で書いてしまった」「カバンなどを擦って色が写ってしまった」「手垢汚れが気になる」といった場合は、消しゴムで擦るときれいになります。それでも落ちない場合は、メラミンスポンジやサンドペーパー(#180/#240)でやさしく擦ってください。

  • メラミンスポンジは、濡らさず乾いたまま使用してください(濡らすとシミの原因になります)。
  • 擦りすぎに注意してください。漆喰の厚みは2~3ミリです。それを超えると下地が出てしまいます。
  • 擦った場所は、まわりと比べると白っぽくなる場合があります。
油性ペンで汚してしまった時

完全に落とすことは難しいです。サンドペーパー(#180/#240)で擦った後に、消しゴムで擦るとある程度までは消すことができます。

  • 擦りすぎに注意してください。漆喰の厚みは2~3ミリです。それを超えると下地が出てしまいます。
  • 擦った場所は、まわりと比べると白っぽくなる場合があります。

飲み物や調味料で汚してしまった時

完全に落とすことは難しいです。できるだけ早く乾いた布で叩くように水気を取っていただき、サンドペーパー(#180/#240)で擦ってください。

  • 擦りすぎに注意してください。漆喰の厚みは2~3ミリです。それを超えると下地が出てしまいます。
  • 擦った場所は、まわりと比べると白っぽくなる場合があります。

クロスのお手入れ

普段のお手入れ

ハタキやハンディモップを使ってホコリを落としましょう。

表面の凹凸が激しい壁紙は、ホコリがたまりやすいので、そのままにしておくと、たまったホコリが湿気を吸い取りカビの原因にもなります。

お手入れ メンテナンス
飲み物や調味料をこぼしてしまった時(ビニル系クロスの場合)

できるだけ早く硬く絞ったスポンジやタオルで汚れを吸い取るように拭き取ってください。落ちにくい場合は中性洗剤をご使用ください。

  • 壁紙表面に残った洗剤は変色の原因になりますので、真水かぬるま湯できれいに拭き取ってください。
  • 強い洗剤やシンナーなどの有機溶剤は、変色や表面破損の原因になりますので使用しないでください。
クロスの隙間を直したい時

部分的な剥がれであれば、ゴミやホコリを取り除いた後、壁紙の裏に文具用の糊や木工用ボンドをはみ出さないように塗布して貼り付けます。経年変化により壁紙が硬化している場合は部分的な補修では対応ができませんので、貼り替えをおすすめします。

  • マスキングテープを使って養生しておくと、はみ出しても安心です。
  • 色柄物のクロスの場合、ボンドが目立ってしまう場合があります。

注意点

和紙系・紙系・柄物系クロスなど、クロスの種類や素材によってお手入れの仕方が異なります。お手入れしたいクロスの素材を確認の上、お手入れを行ってください。

参照:サンゲツホームページ

クロスの張替のタイミング

以下の症状が出ている場合は、クロスの張替のサインです。

剥がれてきた、ジョイント部分が開いてきた、黄ばみや汚れが気になる

対応年数は、商品によりますが5~10年と言われています。お住まいのクロスの状態や張替費用が気になりましたら、お気軽にご相談ください。


モデルハウスは来場予約へ

予約なら「混雑時も優先でご案内」&「 図書カード2000円分」プレゼント