全開サッシと障子の家

注文住宅 施工例
戸袋の板張りが上品な外観
注文住宅 施工例
やわらかい明るさ心地よさを演出する障子
注文住宅 施工例
障子も窓も全開放するリビング
注文住宅 施工例
木部の色合いを変えるだけで雰囲気が変わる障子
注文住宅 施工例
濃い色合いでモダンにまとまったトイレ

User Voice

注文住宅 施工例

初めて四季の住まいさんの展示場に行った時、敢えてスリッパが用意されていない事にびっくりしました

素足で中に入ってみると、歩いた時に無垢の床がとても気持ちよく、内装も自然素材を使ってあり独特な雰囲気で落ち着きました。外観も木を使っていたり屋根の軒が長かったり、他メーカーとは少し違った感じで印象に残りました

私たちは土地探しからの計画だったので最初は建売住宅でも良いと思っていましたが、土地代を合わせると結構高く、土地を別で購入してもあまり変わらない事に気付きました。

四季の住まいさんの展示場を見学した後は、実際に完成したお宅を何件も見学し、土地探しも手伝っていただきました
今私たちが住んでいる土地は立地条件も良く、近隣との距離もちょうどいい分譲地です。第一印象で「ここがいいかも!」と思い、法的な規制や諸経費を調べていただき、購入を決意しました。

打合せではアーチ状の壁や書斎の名栗の床などの要望はいくつか伝えましたが、初めての家づくりで分からない部分も多かったので、あとはほぼお任せで作ってもらいました(笑)

実際に工事が始まると本当に構造までほとんど無垢材で、それを棟梁がたった一人でコツコツと手作業で進めている姿や自分たちの家が形になっていくのを見て感動しました。

引渡しは真夏でしたが、エアコンを使ったのは引越しの日と人が来た時くらいです。夏の夜、仕事から帰り玄関ドアを開けた時のあのひんやり感や木の香りは格別です。

冬はダイニングにある蓄熱暖房機1台で家中暖かいです。2階の寝室も戸を閉めた状態でも暖かいです。アパート時代は本当に寒くて、電子レンジで暖める湯たんぽやファンヒーターを持ってきたりしていましたが、今では素足でも歩けます。

時間が経つ毎に味わいを増していく、自慢の家です。

PHOTO

群馬 注文住宅