群馬 注文住宅
群馬 注文住宅
群馬 注文住宅
四季折々に差し込む光、梁の見せ方…
すべてに心動かされます

はりきゅう院を営む我が家。
日本の伝統医学では気や血の滞りが病に通じますが、「四季の住まい」さんのエアパス工法はとてもそれに似ています。展示場に入って心地いいと感ずるのは目に見えないそうしたシステムに支えられているのだと思います。

住んでみると、その気持ちよさを実感します。たびたび訪れる母は「家に入ると暑い日はひんやり、寒い日はふんわり暖かいね。高気密高断熱の家は空気がカラカラで無機質だけれど、ここは、いつでも心地よい湿度と温もりがあって、快適ね。よく眠れるわ。」と言ってくれます。また、訪れる患者さんは「本当にエアコンだけですか?床暖房みたいに暖かいですね」と驚かれます。

住みやすさは、それだけではありません。仕事場と住居を合わせた家作りでは、生活音を気にせず、最小限なスペースを快適に、店舗デザインもよくしたい…など、たくさんの難題がありました。それに答える設計部の設計力の高さには、驚きました。

社員の多くの方が自社で家を建てているため、実際の住んでみてのアドバイスは納得のいく決定に繋がりますし、間取り研究など設計の佐藤さんの引き出しの多さは、住んで使ってみて感動するばかりです。
そして、住みやすさプラス、この家には美しさがあります。四季折々に差し込む光、梁の見せ方、照明の配置、など計算された設計とコーデイネートは、ただ単に無垢材と漆喰の美しさというだけでない美しさがあります。キッチンに立つたび目にする朝日が差し込む空間や、夜にふと見上げた照明が作りだす陰影もすべてに
心動かされます。また、家に入るとずっと触れている足の裏に感じるふんわりと柔らかいなんとも言えない木の感触や、ふと手を置く杉や桜のカウンターのやわらかさ美しさが心を豊かにします。

最後に「四季の住まい」さんで家を建てて本当によかったと思うのは、土地探しから、設計、完成まで、建て主のための住まい作りに徹底しているので、メーカーのように都合で変更させられたり、押しきられたり、不快な思いを全くせずに楽しく家作りを進められたことです。

展示場の初めての見学から、最後まで目先のことにとらわれない長い目で見た家作りを本気で提案しているところが、素晴らしいと思います。

これからも、経年の変化を四季折々に楽しんでいきたいと思います。本当に有り難うございました。

PHOTO